スピリチュアル総合情報サイト【弥栄-イヤサカの会】-Mind and soul laboratory

大東亜戦争の真実 白人たちにとって有色人種は人間ではなかった【いやさかの会】

スピリチュアル社会学

社会

スピリチュアルとは生活すること。私たちが三次元と認識しているこの世に生きていること自体が、すでにスピリチュアルな状態です。この現実社会をしっかりと生きることで、人は霊的にも成長していきます。

大東亜戦争の真実 白人たちにとって私たち有色人種は人間ではなかった。

宗教はしばしば、ある特定の人々が自分たちの行為を正当化する手段として使われたり、為政者が人々を支配する道具として利用されることがありました。
そのような宗教の多くは、神が人間の外に在る絶対的な存在として君臨するので、個々の人間には主体性を認めず、神の意思の元に人間が非人道的な行為を行うことも肯定します。
それに対して古くから日本人の精神文化となってきた神道では、自然界のすべてのもの、すなわち人間の中にも神性が宿っていると考えるので、個々の人間に主体性と自由意思を持たせ、さらに自己責任を求めています。

アメリカ人(もともとイギリス人)が今のアメリカ合衆国に住んでいたインディアンを殺した数は数千万人とも言われるが、いずれにしても簡単に言うと“皆殺し”にしたので、今ではアメリカ人しかいないような感じだ。
オーストラリアもイギリス人が先住民のアボリジニを全滅させたので、今ではオーストラリアには実質的にイギリス人しかいない。
このような地域は“もめ事”が少ない。先に住んでいた人が皆殺しに遭っているからだ。
(中部大学教授 武田邦彦)



昔、キリスト教を信仰していたヨーロッパ人たちは、「神に似せた白人だけが人間である。」という思想を持っていました。

マニフェスト・デスティニー

私たちアジア人の多くはモンゴロイド(黄色人種)です。アメリカ大陸に1万年以上前から住んでいた先住民族の人々も、モンゴロイドです。
しかし、ヨーロッパに住む白人たちにとって、モンゴロイドは人間ではありませんでした。
白人たちは、マニフェスト・デスティニー(神の意思による明白なる使命)という標語を掲げて、聖書を片手にアメリカ大陸を征服していったのです。


キリスト教世界の白人としては最初にアメリカ大陸へ到達したと言われているコロンブスは、スペイン軍を率いてインディアンに対して徹底的な虐殺弾圧を行いました。
彼の軍隊は、行く先々で、インディアンに対して窃盗、殺人、強姦、放火、拷問、無差別殺戮を繰り返しました。
第7代大統領のアンドリュー・ジャクソンは、「インディアンは滅ぼされるべき劣等民族である」と合衆国議会で演説しました。
軍人のフィリップ・シェリダンは、降伏したインディアンの酋長から「よいインディアンもいる」と言われて、「よいインディアンとは死んだインディアンの事だ」と言い返しました。

虐殺されたインディアンたち

インディアンたちは非常に精神性が高く、やってきた白人たちをもてなして食べ物を差し出したといいます。ところが、そのような彼らを白人たちは容赦なく殺害して、土地を取り上げていったのです。
インディアンたちは、大和魂を持つ日本人に似た誇り高き精神文化を持っていました。殺されても白人たちの奴隷にだけはならなかったのです。
だから、アフリカから黒人たちがアメリカへ連れて来られたのです。


中南米の先住民族たちもスペイン人の侵略に遭い、インカ帝国やマヤ文明が滅びました。
当時そういうスペイン人たちに同行していたカトリックの司祭のバルトロメ・デ・ラス・カサスは、あまりにも酷すぎる先住民族に対する残虐行為を見て耐えきれず、スペインによる支配の不当性を訴え続けました。それは今でも文献として残っています。

オーストラリアにも白人が侵略してきて、アボリジニと言われる先住民族の人々を、スポーツハンティングとして殺しました。「今日はアボリジニ狩りにいって17匹をやった」と記された日記がサウスウエールズ州の図書館には残されています。
そのためアボリジニの人口は激減し、8割ぐらいは居なくなったと言われています。
隣のタスマニアでも、同じくスポーツハンティングや毒殺、組織的な襲撃などが行われました。数千のタスマニア人を離島に置き去りにして餓死させたり、水場に毒を流したりするといったことなども行われました。

無主物先取特権だとばかり、自分たちの土地にしてしまった。「誰も住んでいなかったので、早い者勝ちで自分のものにしたのだ。何が悪いか」という言い分である。先住民が住んでいたはずだが、彼らにしてみれば白人以外は人間ではなく、猿やけだものと等しい存在と見なして平気でいたのである。
(清水馨八郎著 「大東亜戦争の正体 それはアメリカの侵略戦争だった」(祥伝社))



アフリカも、ヨーロッパ人たちに侵略されました。
白人たちにとって、ネグロイド(黒色人種)も人間ではありませんでした。人間ではないので、何をしても自由でした。

コンゴの奴隷

チョコレートと言えばベルギーの代名詞のようになっていますが、ベルギーはコンゴの人々を支配していました。
ベルギー人は、コンゴの働き盛りの男性たちを奴隷にして過酷な強制労働をさせ、その家族を人質にしました。
ゴムの採取やカカオ採取にノルマを与えて、そのノルマを達成できなかった男たちには、罰として、彼らの家族の手足を切り落とすのです。女性や子供も容赦しませんでした。

またアフリカの人々は、突如として銃を持ったアメリカの奴隷商人に拉致されました。泣き叫ぶ家族と引き離され、奴隷船にぎゅうぎゅう詰めに乗せられて、嵐が来ると船の安全のために、20人ずつ鉄の鎖につないでそのまま海に捨てて溺死させられたといいます。
そのような奴隷商人は、人身売買で莫大な利益を生み出しました。


アジア

これは日露戦争直前のアジアの地図です。
はっきりとした独立国は日本だけでした。薄い黄色で塗られている中国は白人が領土を要求すると広い国土を少しずつ割譲するという外交手段で独立国家の形をかろうじて維持していました。また、タイは緩衝地帯でした。
日本は富国強兵政策の中で軍備を整え、日露戦争に勝って、白人が下手に手出しが出来ない状況を作っていました。
すなわち、この頃自力で国を守って、欧米の植民地にならなかった有色人種の国は、日本だけだったのです。
ここを理解しないと、日本がなぜ勝ち目のない相手にあえて戦いを挑んだのかが理解出来ないでしょう。

インドの奴隷

インドにはイギリス人が入ってきて土地を取り上げ、現地の人々にお茶や綿花、あるいは麻薬になるケシなどの換金作物だけを作らせました。
そのうちインドに大干ばつがやってきて、食糧が無くなりました。1943年のベンガル飢饉では300万人のインド人が無くなっています。
インドの人々が飢えてバタバタと死んでいくのを見ても、イギリス人たちはパンの一切れも与えず、痩せ衰えた彼らを並べて写真に撮って楽しんでいたそうです。

こうしたインドの困窮化と従属化に対し、イギリス支配に対する不満はインドの各地で高まり、1857年には大反乱(セポイの反乱、シパーヒーの反乱、第一次インド独立戦争)が起きましたが、イギリスはそのリーダーたちを虐殺して制圧しました。


インドネシアには、オランダ人が香辛料貿易の利益を求めて侵略してきて、350年近くも略奪と虐殺を続けていました。

太平洋戦争(大東亜戦争)最中の1942年2月、日本軍が来てオランダの植民地支配を崩壊させました。日本が、アジア人でも白人と対等に戦えるということを知らしめたのです。
日本の支配下では、大東亜政略指導大綱に基づき、ここを一時的に日本の領土として軍政を敷くものの、しかるべき後に独立させる方針を決定していました。
そのため、オランダによって捕らえられていたスカルノやハッタらの民族解放運動の指導者が解放されました。

日本の敗戦後、再びこの地を支配しようとしたオランダに対して、インドネシア独立戦争が起きました。
その時に、インドネシア側の武装勢力に身を投じて命を落とした元日本兵がたくさんいました。


アジア人の中には、日本が嫌いな人々もいました。中国・華僑系の人たちです。
華僑の人たちは白人たちの手先となって利権を握っていたので、日本がその権利取り上げたのです。だから華僑系の人たちは、日本が嫌いです。
しかし、華僑が利権を握っていた東南アジアの土地の人々は、「白人たちを追い払ってくれた」と日本に感謝しています。

東南アジアは、タイを除いて17~19世紀まで次々と西洋の植民地にされてきた。
これによってそれまで海のシルクロードを握っていたイスラム商人やインド商人が後退し、それに代わって中国大陸の東南沿岸から流れ着いた華僑労働者たちが、湾岸都市を掌握しはじめた。
次第に経済力をつけ、東南アジアにおける列強の番頭を任されるようになった。

19世紀、華僑は列強と手を結び、現地人を搾取し始めた。現地民の華僑排斥運動は、そのまま独立運動へと変化した。
(黄文雄 著「「龍」を気取る中国「虎」の威を借る韓国」(徳間文庫))


ゼロ戦

もちろん、白人たちがすべて悪かったわけではありません。これらは白人たちの中の帝国主義者たちの歴史です。
白人による征服という世界秩序を破ったのが、日本だったのです。


戦うも亡国、戦わざるも亡国ならば、日本の未来のために、アジアの平和のために命を捨てよう、という考えで多くの日本人は戦いました。
戦争という究極の状態が兵士たちの精神に与える影響は大きく、日本の残虐行為がゼロだったというわけではありません。
しかし、今でも、多くのアジアの国々、多くのアジアの人々が日本に感謝しているのです。


[関連記事]
南京大虐殺事件"証拠写真"を検証する
終戦の詔勅 -玉音放送(現代語訳文)


大東亜戦争の原因は何だったのか?この戦争は本当に真珠湾攻撃から始まったのか?その経緯を追う

戦前・戦中に生まれたパラオと日本との深い絆。戦後アメリカに統治されたパラオの人々は日本についてどう教えられたのか?

コメントをどうぞ

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional